KENSO BLOG

島根県出雲市の建築会社です。 一生に一度の家作りのために、一所懸命な社員達が綴るオリジナルブログです。

税制改正についてまとめてみました

たまには固い真面目なブログを書こうと思います。

さて、今月14日に27年度の税制改正の大綱が閣議決定されました。
もとの大綱と呼ばれる原案を読んで理解するのはかなりの時間と国語力を要するので、ざっくりまとめてみました。

ちなみに原案の「平成 27 年度税制改正の大綱」はこちらからご覧いただけます。
↓ ↓ 
http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2015/20150114taikou.pdf

住宅取得に関する税制改正は主には2点

ひとつは
住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の延長・拡充
H27年1月~12月:1000万円(良質な住宅:1500万円)
H28年1月~9月(増税前):700万円(良質な住宅:1200万円)
H28年10月~H29年9月(増税後):2500万円(良質な住宅:3000万円)
H29年10月~H30年9月(増税後):1000万円(良質な住宅:1500万円)
H30年10月~H31年6月(増税後):700万円(良質な住宅:1200万円)


※良質な住宅とは・・・省エネルギー対策等級4以上、耐震等級2以上など一定以上の性能をもつ住宅

消費税が10%に上がるH28年10月からはかなり非課税枠がアップすることがわかります。
家を買うときに親や祖父母から援助を受けると、贈与税が非課税になる額が時期によってこれだけ変わるということですね。
贈与を受ける予定の方は消費税、金利に加え非課税枠もしっかり確認しておく必要があります。


続いて2つめ
住宅ローン控除やすまい給付金の期限延長
住宅ローンを借りると10年間にわたって年末ローン残高の1%が所得税や住民税から戻ってくる「住宅ローン控除」
住宅を買うと最大30万円(消費税率10%の場合は50万円に引き上げの予定)が給付される「すまい給付金」
いずれも適用期限を1年半延長(H29年12月31日まで⇒H31年6月30日まで)

ほかには
家を買うときの登録免許税や不動産取得税の特例も延長される。
登録免許税は2年延長されH29年3月31日まで。
不動産取得税が3年延長されH30年3月31日まで。

少し難しい話になりましたが、家を購入するにあたり知らないと損すること、知っていると得をすることもあるので、事前にしっかり確認しておくことが大切ですね。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kenso3471.blog37.fc2.com/tb.php/418-138f2c03
該当の記事は見つかりませんでした。