KENSO BLOG

島根県出雲市の建築会社です。 一生に一度の家作りのために、一所懸命な社員達が綴るオリジナルブログです。

ゴールデンウィークはKENSOの内覧会へ!

イベント告知です!

今年のGWも内覧会を6会場で行います。

出雲で平田で玉湯で松江で東出雲で行います!

goldenweek_title.png
GWに島根県東部横断KENSO住宅見学ツアーはいかがでしょうか?

各会場で記念品やスタンプラリー景品などを準備しております!

詳しい内容はイベントページをご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://kenso-shimane.co.jp/event/#0

SNART HABITA お披露目間近!

SMART_HABITA.jpg

出雲市の塩治神前でSMART HABITA(K様邸)が完成しました!
旧出雲市で初となるHABITAは国交省のゼロ・エネルギー化推進事業の採択をうけた住宅です。
(ゼロ・エネルギー化推進事業についてはこちらをご覧ください → http://www.zero-ene.jp/zeh/mlit/index.html

今日はお施主様へのお引渡しと一般公開に先立って社内竣工検査を行いました。
社員皆でチェックし、それぞれが気になるところを指摘しあいます。
現場監督一人ではチェックしきれないところまでくまなくチェックし、厳しい検査を行いました。
2013-04-18 14.21.51

完成見学会はいよいよ今週末20日よりスタートします!
皆様のご来場をお待ちしております!

詳しくは当社HPのイベントページをご覧になってください!
↓ ↓ ↓
http://kenso-shimane.co.jp/event/

東出雲ホープフルタウン 『HABITA uchi cafe』 まもなく完成!!

個人的に久しぶりにブログを書きます。

今、東出雲のホープフルタウンという総区画が240区画以上ある大きな分譲地の一画で、東出雲では初のHABITAを建築しています。

建物は、大人気シリーズの『uchi cafe』
ウチカフェ



この建物のコンセプトは、《着ごこちのような、居ごこち》
服を纏うように、自分らしい暮らし方を纏う。

奥様にとっては、大好きなカフェのような暮らし方が、ご主人にとっては、たま~のお休みにホッとコーヒータイムでまったりできる暮らし方ができるのではないでしょうか?
家にいるようでお店にいるようなテーマは、現実と非現実。
きっと、友達に自慢したくなっちゃいますよ。

そんな暮らし方はいかがでしょうか?

実は、この建物【建売】なんです。

住まいづくり協会主催のゴールデンウィーク住宅祭に出展するために、かなり力を入れて建てています。

もちろんHABITAの基本コンセプトである可変性(家族の成長とともに暮らし方も変わる。その暮らし方に柔軟に対応できる間取りと構造)も踏襲しています。

今までの建売と違い、自分たちの思うように将来間取りを変えていただくことも可能です。

流行に左右されることなく、永く愛され続ける建物をご提案してきたKENSOだからこそ出来る建物だと思っています。

今回は、特別にモデル展示価格でご提供いたします。

但し、先着1名様。
詳しくは、担当:佐藤までお問い合わせください。
佐藤携帯:080-3386-6652


ホープフルタウン


山陰不動産ナビにも掲載しています。併せてご覧ください。


アークタウン国屋 現場レポート2

松江市国屋町で販売中のアークタウン国屋ですが、着々と造成も進んでおります!
(1ヶ月半前の様子はこちら→「アークタウン国屋 現場レポート」

2013-04-11 16.32.47
明るくてとても気持ちのよい場所です。

2013-04-11 16.34.25
もうすぐ造成も完了を迎えます。

詳しい分譲情報はこちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://p.tl/CaRO

地域型住宅ブランド化事業 紹介ページ

寒いんだか暖かいんだか分からない慌ただしい陽気の日が続いておりますが、いかがお過ごしですか。

さて、一般財団法人 島根県建築住宅センター様の地域型住宅ブランド化事業の紹介ホームページに当社主宰の「出雲風土木の家」を掲載いただきました。

一般財団法人 島根県建築住宅センター様はこちら
http://www.simajyu.jp/sjs/group01.html

平成24年度の事業は終了しましたが、当社では2棟の「出雲風土木の家」をお引き渡しさせていただきました。

出雲風土木の家(西川津の家)
31.jpg

出雲風土木の家(八雲の家)
9.jpg

地域型型住宅ブランド化事業は今年度も実施される予定ですが、国交省の正式発表後に改めてご案内させていただきます。

増税前と増税後はどっちがお得なのか? 後編

今回は前回の続きです。
「結局、増税前と増税後はどっちがお得なのか問題」にメスを入れたいと思います!

このシュミレーションは設定する条件によって結果に差異があることを最初にお伝えしておきます。
今回のシュミレーションは以下の設定条件で試算してみたいと思います。

【設定条件】
・土地と建物を購入する場合
・長期優良住宅
・金利1.5%の35年の住宅ローン
・ローン減税は満額受給できるものとする


ローン減税シュミレーション

ローン減税の還付金と消費税の増税分を差し引いて見ると(B)-(A)の金額が増税前を上回るのは土地建物を5000万円以上で購入する場合のみという結果になりました。

正確な数字を出すには支払っている所得税や住民税の額を考慮しなければいけませんが、正式な減税の額や方法は夏以降に決定される見込みです。


【今回のシュミレーションでわかったこと】
増税後のローン減税拡充があっても消費税アップ分に比べれば小さく、増税後に建てる選択肢はあまりお勧めできないとういうこと。
ただし、増税前がお得ということだけで計画を進めるのではなく、しっかりと資金計画や自分たちの暮らし方の吟味をした上で家づくりを始めることがいちばん大事です。



該当の記事は見つかりませんでした。