KENSO BLOG

島根県出雲市の建築会社です。 一生に一度の家作りのために、一所懸命な社員達が綴るオリジナルブログです。

夏の暑さ対策には庇が大事

最近は窓の性能がどんどん上がってきています。

アルミ樹脂複合サッシに樹脂サッシ。
ペアガラスにトリプルガラス。
Low-Eガラスの遮熱やら断熱やら。
アルゴンガス入りだのクリプトンガス入りだの真空だの。

正直、一般の方には聞き馴染みのない言葉ばかりで混同されることも多いかと思います。
確かに日本の窓は世界各国に比べ性能面で遅れをとっていて、「窓後進国」と言われたりもしています。
ようやく日本も窓の性能が上がってきて日本の住宅の快適性は確実に良くなってきていますが。

ただ、窓の性能の上げることと同じくらい、もしかしたらそれ以上に大切なことがあります。

それは『軒や庇をつけること』
軒や庇があることで窓自体に夏の暑い日差しが当たるのを防ぎ、室内温度が上がることを防いでくれるのです。

簡単に比較しやすいようにシミュレーションしてみました。
動画の左が軒あり(軒の長さ90cm)、右のは軒なし。


まずは夏至。
夏はできるだけ室内に陽射しを入れないようにすると室内温度が上がりにくくなります。

左の90cm軒がある方は全く室内に日が入っていないのがよくわかります。
要はどんな窓の性能を上げても、日が当たってしまえば中に熱が伝わってくるということ。
窓の性能が多少、低くても軒がある方が夏の暑さ対策には有利なのです。


続いて冬至。
夏至とは逆に冬はできるだけ室内に陽射しを取り込み、室内を暖めることが大切です。

シミュレーション動画を見ても分かるように、、軒有りでも冬はしっかり室内まで日が入ってきています。


これは季節によって太陽高度が変わるという自然の摂理を上手く使って、庇によって日射をコントロールしているからです。
biohousem-1.jpg
絵にもあるように夏は太陽が高く、冬は太陽が低くなるので、夏は庇が太陽を遮り、冬は太陽を取り込むことができるのです。

説明が下手なのでわかりにくい部分もあったかもしれませんが、ご容赦ください(汗)
昔の日本の住宅は軒が深く、とても良く考えられた設計になっています。
今の時代でも、気候風土は大きく変わっていません。
先人たちのように、自然と上手く利用し、自然と一緒に暮らすパッシブな考え方も住宅設計においてはとても重要なポイントです。

家づくりについて学ぶことが第一歩

私たちKENSOが家づくりをお手伝いするうえで大切にしていること。

それはまず、お客様に家づくりについてしっかりと学んでいただくことです。

家が欲しいと思われた時、皆さん誰でも知らないことだらけです。
でも家は決して安い買い物ではありません。
だからこそ、家づくりについてしっかり学んでいただきたいと思っています。
gahag-0112135036-1.jpg


セミナーや個別相談では税制のこと、ローンのことなどわかりやすくお話しています。

キャンプや旅行だって計画が不十分だったり準備不足で出かけてしまうとせっかく楽しいはずのものも楽しくなくなってしまっていますよね?
家づくりもそれと一緒で、しっかりと勉強して計画をたててから家づくりをスタートすれば楽しく家づくりも出来るし、暮らし始めてからの満足度も違ってきます。

見学会場で展示場で弊社事務所で、無料相談を行っています。
話を聞いてみるだけでも全然構いません。
もちろん無理な営業や押し売りはいたしませんのでご安心下さい(^^)
まずはお気軽にお越しいただきご相談下さい。

HPからのお問い合わせも随時受付中です。
https://www.kenso-shimane.co.jp/

家具人気ランキング2016

このランキングをご紹介するのも3年目となりました。
ブログを書いているとしみじみと時間の流れの早さを感じるものです。

ranking2015.jpg
http://tabroom.jp/contents/report/ranking2016/

定番の名作Yチェアが1位でした。
何年、何十年経っても変わらない美しさ。まさにロングライフデザインですね。
私たちKENSOも何十年後に見ても素敵だと思えるデザインを目指して家づくりをしていかなければと改めて思いました。

過去記事も併せてご覧ください。
2015年のランキング
2014年のランキング



どっちが大きく見えますか?

いきなりですが、
どちらの円が大きく見えますか?
Ebbinghaus-lightnessL.jpg

これはどうでしょう?
どちらの線が長く見えますか?
MLadjusts.jpg

答え






「どちらも同じ大きさ、長さ」


よくある目の錯覚を利用したクイズですが、人の視覚というのは周囲にあるものとの比較によって、
大きさを錯覚してしまうということがよくわかります。

これは住宅にも同じことが言えます。
同じ面積の家でも、広く感じる家と狭く感じる家があるのです。
すなわち、設計次第で小さい面積でも広く感じさせることができるということになります。

例えばリビングに吹抜を設ける、間仕切りを極力作らない、リビングから外に繋がるウッドデッキを作るなどなど
広さを感じさせる手法はいろいろあります。

小さいくても広く見せることができればたくさんのメリットが生まれます。
詳しくは以前ブログにも書いてますのでそちらをご参照いただければと思います。
「小さい家をおすすめする5つの理由」

実際に先日、見学会を終えた出雲市平田町のM様邸は延床面積28坪の住宅でしたが、
ご来場いただいた皆様から面積以上に広く感じるというお言葉をたくさんいただきました。
裏)M邸LINE・HP用

それにしても、人の視覚ってのはけっこういい加減なものなんですよね。
逆にそれを利用してあげれば家づくり、空間づくりに活かすことができるということにもなります。

いい地盤ランキング 島根は何位?

地盤解析の専門会社・地盤ネットが47都道府県「いい地盤ランキング」を発表しています。


d20705-21-623827-0.jpg

d20705-21-721980-1.jpg
source:47都道府県「いい地盤ランキング」発表|地盤ネットホールディングス株式会社のプレスリリース



気になる我が県の結果は?

なんと47等道府県中43位。
すなわちワースト5位という結果でした。
実際に松江・出雲で新築工事を行う際は高確率で地盤改良工事が必要の判定がでます。

全ランキングはこちらからご覧いただけます。
https://jiban-soken.co.jp/report/img/report20161207.pdf

このランキングを見てわかるのはいい地盤でも大地震は発生する可能性があるということ。
上位10件でも近年、大地震に見舞われた地域が多くみられます。
逆に島根県は地盤ランキング43位ですが地震は少ない傾向があります。
つまり、地盤の強い弱いに関わらず日本はどこで地震が起きてもおかしくないということです。

新築時、改修時に耐震性を検討することはもちろんのこと、家具の転倒防止、家族の連絡方法の確認、備蓄品・非常持出品の準備など地震対策をしっかりとしておくことが大切ですね。


このカテゴリーに該当する記事はありません。